シニアトリミング動画アップしました

お知らせ

シニア犬のトリミング、体力や体調を踏まえたトリミング法に変えていかなければいけません。

トリミング時その犬が、どの体制が一番いいのか。寝た方が楽なのか、立ったままがいいのか、それとも座ってがいいのか。犬によって違ってきます。若い時は、頑張ってーでいいかもしれませんが、シニアには負担がかかってしまいます。

シニアのカットやシャンプーも変えていかなければいけません。

寝たきりの子は、できるだけその体勢行い短時間。まだ、あちこち歩いて回り散歩も行けるのであれば休憩入れながらやります。

おうちでトリミングでは、すぐにリラックス場所に行ける事。慣れた空間であることはシニア犬にとっては安心できるトリミングかもしれませんね。

RUDY*RUDYでも、シニア犬のトリミングも多いです。トリミングサロンで「シニア犬は断られた」という方も中にはいます。でも、その子のトリミングができないのであれば、毛は伸び続け飼い主さんもお手入れに一苦労。みすぼらしくなっていく愛犬の姿に涙して来られる方もいらっしゃいます。

そんな、ワンちゃんと飼い主様のために、できるだけトリミングをお受けしております。愛犬の最期まで、寄り添う事ができればいいなと思っています。

タイトルとURLをコピーしました